Middle

翻訳者(英>日)・ライター。お尻に火がつき始めて、焦ってます。

「ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌」

原作を読んだし、トレーラーを見てかなり期待してたけど。。あれでは主人公のヴァンス家の物語で完結してて、ヒルビリーの人たちのことがきちんと語られていないと思う。何度頑張ろうとしても失敗しちゃうジャンキーのお母さんがなぜそうなったのか、あれじゃよくわからない。あの土地で頑張ろうとすること自体がどれほど大変で、イェールのロースクールに行った主人公の精神力がどれだけ並大抵じゃなかったのか、あれじゃイメージできないのでは。おばあちゃんがおじいちゃんに相当苦労させられたことも、あの回想描写だけじゃ弱い気がする。グレン・クローズにはぜひオスカーをとってほしいけど、この作品じゃぁ厳しいかも知れないなぁ。やっぱり原作ものの映画化って難しいね。

12/1(火)
映画ニュース翻訳;J案件;N案件
12/2(水)
映画ニュース翻訳
12/3(木)
映画ニュース翻訳

Netflix映画「ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌」
Netflix映画「シカゴ7裁判」
Kindle読書「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記」ジェイク・エーデルスタイン(著)※51%

sayakahonma.hatenablog.com

 

ハリッサ

この間、知人の女性の家に食事に招かれた際、ハリサというペースト状のスパイスの効いた調味料を、ローストしたラム肉とトマトソースのクスクスに合わせて出された。チュニジアとかモロッコの調味料らしく、私もチュニジアには行ったことあるのに全然知らなくて、初めての美味しさに大感激。お腹いっぱいになるまでいただいた。日本でも手軽に買えると聞き、するとカルディに「ハリッサ」として売られていて早速購入し、うちでもよく使ってる。マッシュポテトにハリッサをちょっとつけて食べる組み合わせ、最高だった! 普通にバゲットに塗って食べてもよし。カルディは「マッサ」も売ってるし、ほんとコロナで海外に行けない今は、貴重な食のプチ旅行や〜。
ちなみにこの女性は、「貧乏人のキャビア」こと茄子のペーストも出してくれて、これも実に美味しかった。茄子を網で焼いて皮を剥く、って工程がもう私にはハードル高いんだけど、いつか気力があるときに試してみたい。彼女は高齢なんだけど海外経験が豊富で、美味しいチーズの食べ方とか、いつも私にとって新鮮な食の楽しみを教えてくれる。しかも「教えてやる」みたいな上から目線じゃなくて、さらっと。私もこんな風に歳をとりたいなと、会うといつも思う。

11/27(金)
映画ニュース翻訳;リサーチ
11/28(土)
リサーチ
11/29(日)
リサーチ
11/30(月)
映画ニュース翻訳;リサーチ

Kindle読書「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記」ジェイク・エーデルスタイン(著)※51%

低迷期

いろいろ思うようにならなくて落ち込む。私は毎年、この時期が1年でいちばん運勢がいいはずなんだけど。おかしいなぁ。まぁ余り気にせず出来ることをやるしかない。

11/23(月)
映画ニュース翻訳;リサーチ
11/24(火)
映画ニュース翻訳;J案件;N案件
11/25(水)
映画ニュース翻訳;リサーチ;N案件;J案件
11/26(木)
映画ニュース翻訳

Kindle読書「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記」ジェイク・エーデルスタイン(著)※26%

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」

春頃からずっと楽しみにしていた石岡瑛子展を見に行った。広告ビジュアルや映画衣装だけでなく、本の装幀までやっていたなんて。おまけに東急百貨店の企業マークとか、山本山の海苔パッケージとかも彼女だったのね。びっくり! 私は特に1980年のPARCOの広告がエネルギッシュでほんとに素敵だと思った。LGBTをすでに意識した「宿愚連若衆艶姿(ヤサグレテアデスガタ)」のコピーがついたビジュアル。彼女は自身の才能ももちろんだけど、バブル期の企業に広告費が潤沢にある時代とうまくマッチして、自由にスケールの大きな仕事ができたんだなぁと思った。あと、10代の頃に制作したという「ecoちゃんの日記」みたいな将来の夢を記したノートの完成度があまりにも高くて、すでに才能が爆発してた。オリンピックのユニフォームデザインとかよりも、そのノートに込められた情熱に感動してしまった。
私も瑛子さんの言葉のように、歳をとるごとにどんどんラディカルに生きていきたいよ!

11/19(木)
映画ニュース翻訳
11/20(金)
映画ニュース翻訳;リサーチ
11/21(土)
J案件;N案件
11/22(日)
J案件;N案件

Kindle読書「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記」ジェイク・エーデルスタイン(著)※14%

「博士と狂人」

「博士と狂人」、100年前の辞書編集の仕事ハンパねー、と思った。パソコンもネットもない環境でそんな作業、発狂しそうになる。だから編集した博士も狂人。辞書編集に協力するインテリの精神病棟囚人ショーン・ペンが狂人役の方なんだけど、博士役の方のメル・ギブソンと逆を演じたバージョンも見てみたかった。メルギブだって十分、狂ってるイメージあるし。笑

11/16(月)
映画ニュース翻訳;リサーチ;J案件
11/17(火)
映画ニュース翻訳;リサーチ
11/18(水)
映画ニュース翻訳;N案件

Kindle読書「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記」ジェイク・エーデルスタイン(著)※14%
映画「博士と狂人」

散財

今月は物欲の神さまが降りてきて、パンツ3本(Gapとユニクロ)にダウンコート(パタゴニア)も買っちゃったよ。あと家にある服の断捨離を進めてて、昨日はもう着ないしこれは売れないという服をどっさり、区の古着回収に持って行った。わたしの中で新旧入れ替え期、過去捨て期が来てる。これからはほんとに気に入ってこれは着るぞ、という服しか買わないようにしたい。と、ユニクロ×ジル・サンダーの狂乱ぷりを横目で見ながら考えた。

11/12(木)
映画ニュース翻訳;リサーチ;J案件
11/13(金)
映画ニュース翻訳;N案件
11/14(土)
リサーチ;N案件
11/15(日)
リサーチ;N案件

Kindle読書「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記」ジェイク・エーデルスタイン(著)※14%

「クイーンズ・ギャンビット」

「クイーンズ・ギャンビット」泣いたー。ベスは決して一人で生きてきたわけじゃなかったんだね。薬がなくてもお酒がなくても、ほんとはずっと大丈夫だったんだね。アニヤ・テイラー=ジョイ、「スプリット」も良かったけど今回もめちゃくちゃ良かった。服も赤毛も最高に可愛かったよ。私もこれから仕事する時は、ベスみたいに美しい姿勢で原稿書いたり、手を止めてちょっと考え事したりしたいわ! アニヤのフュリオサも期待してるよー!!!

11/8(日)
N案件
11/9(月)
映画ニュース翻訳;N案件;J案件
11/10(火)
映画ニュース翻訳;J案件;N案件
11/11(水)
映画ニュース翻訳;リサーチ;J案件

Kindle読書「トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記」ジェイク・エーデルスタイン(著)※14%
Netflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」※第7話