Middle

英日翻訳者・ライター。行けるとこまで行きます。

スパの塩素問題

塩素強すぎ問題で行くのが怖くなってたスパ、思い切って再訪したら解決されてた。前回はお風呂にいる最中から翌日いっぱい、ずっと鼻水が止まらなかったんだよ。このスパはサウナ→水風呂→整い、の導線がいいし、アメニティも充実しつついつもそこそこ空いてるから、塩素問題さえなければかなりいいのだ。とりあえず良かった。

4/5(月)
映画ニュース翻訳;リサーチ;N案件
4/6(火)
映画ニュース翻訳;リサーチ;N案件
4/7(水)
映画ニュース翻訳;リサーチ;J案件
4/8(木)
映画ニュース翻訳
Kindle読書「あのこは貴族」山内マリコ(著)※13%

「ノマドランド」

クロエ・ジャオは、ガチノマドのリンダ・メイとスワンキーを見つけてきたことがすごいと思った。あの2人、マクドーマンドに負けない存在感だったし、肝の座り方が違ったもんね。見終わった直後は落ち込んだけど、「See you on the road」の言葉を胸の中で反芻しているうちにじんわり元気が出てきた。

4/1(木)
映画ニュース翻訳
4/2(金)
映画ニュース翻訳;リサーチ;N案件
4/3(土)
N案件
4/4(日)
N案件
映画「ノマドランド」
Kindle読書「あのこは貴族」山内マリコ(著)※7%

「昭和歌謡大全集」

オタク軍団とおばさん軍団の戦闘もので、村上龍がいろいろ行き詰まってた時に鬱憤を晴らすため書いたらしく、突飛すぎ&毒舌すぎで何度も声出して笑った。でも、おばさんって言っても30代半ばなんだよね。昔の小説だから、当時だと十分おばさんって認識なんだろう。女の人に対する描写もまぁ酷いんだけど、同じように男のオタクたちに対しても容赦ないから、これで釣り合い取れてるのかな。私もいろいろ鬱憤が溜まってるから、ミドリ会(おばさんたちの名前が全員ミドリ)の一員のような気持ちで、頭の中で一緒に戦った。最後に調布の一般市民を巻き込むところはちょっとどうかと思ったけど、アレはアレで気持ちのいい散り方なのかもな。

3/29(月)
映画ニュース翻訳;リサーチ;J案件
3/30(火)
映画ニュース翻訳;リサーチ;N案件
3/31(水)
映画ニュース翻訳;リサーチ;J案件
Kindle読書「昭和歌謡大全集村上龍(著)※読了

花見散歩

阿佐ヶ谷で電車を降りて善福寺川緑地、西永福の大宮八幡、浜田山まで歩き、下北沢まで井の頭線に乗って、下北沢からまた歩いて帰った。知らないところを歩いて、たくさんの桜を見て、いい気分。天気も最高で、そりゃやるなと言われてもみんなシート敷いて花見しちゃうよね。歩きながら見かけた立ち飲み屋もド密で大賑わいだったから、すぐ第4波くるなと覚悟したよ。もうここまで1年、だいぶ自粛していろいろ我慢してきたし。やるなと言われて従ったところで、政府は無能でちっとも希望は見えないし。我慢はとっくに限界を通り越してるのに、納税しろ納税しろって町のあちこちに書いてあって、まじで「1984」の世界だと思うよ。

3/25(木)
映画ニュース翻訳
3/26(金)
映画ニュース翻訳;J案件
3/27(土)
映画ニュース翻訳;リサーチ;J案件
3/28(日)
映画ニュース翻訳;リサーチ;J案件
Kindle読書「昭和歌謡大全集村上龍(著)※70%

sayakahonma.hatenablog.com

 

The Linda Lindas

原書を読んでとっても好きだった「モキシー」がついに映画になった。パトリック・シュワルツェネッガーがもうすこし芸達者だったら、もっと嫌味なジョックになったと思うのに残念。見た目はいかにもなんだけどね。原作の設定をいろいろ変えたり、バッサリ切ったところなんかは、「あー2時間の映画にするには、こうやって脚本にしていくのか」と勉強になった。いちばん「おっ!」と思ったのは、女の子だけが集まったパーティで演奏してたバンド。調べたら、実際にロサンゼルスで活動しているアジア系ガールズパンクバンド「The Linda Lindas」の少女たちで、まだ下の子は10歳くらいらしい。ファッションとかも可愛いんだよね。姉妹と従姉妹と親友っていう4人構成で、Z世代の(それよりもっと下になるのかな?)リアル「ライオット・ガール」って感じで、希望を感じたよ。エイミー・ポーラーが見つけてきたのかな。彼女たちをあの場面に選ぶセンス、さすが!

3/21(日)
映画ニュース翻訳;リサーチ;N案件
3/22(月)
映画ニュース翻訳;リサーチ
3/23(火)
映画ニュース翻訳;リサーチ
3/24(水)
映画ニュース翻訳;リサーチ;N案件

Netflix映画「モキシー 〜私たちのムーブメント〜」
Kindle読書「昭和歌謡大全集村上龍(著)※49%

sayakahonma.hatenablog.com

 

「自転しながら公転する」

「5時に夢中」で中瀬ゆかりたんが激賞していた「自転しながら公転する」を読んだ。山本文緒さんの本を読んだのは初めて。アマゾンのレビューにたくさん書いてあったように、確かに読みやすかった。けれどそんなことより、この枯れ朽ちていく一方の日本で、老いも若きも貧しさを受け入れながら、身の丈に合う幸せをつかもうとする姿が切なくて、身につまされて悲しくなった。エネルギーいっぱいのベトナムとの対比もリアルすぎて。この間は「平場の月」を読んだけど、ここ数年、下流中年とか生きづらさをテーマにした小説が心に刺さる(笑)。

3/17(水)
映画ニュース翻訳;リサーチ
3/18(木)
映画ニュース翻訳
3/19(金)
映画ニュース翻訳;リサーチ
3/20(土)
リサーチ;N案件

Kindle読書「自転しながら公転する」山本文緒(著)※読了
Kindle読書「昭和歌謡大全集村上龍(著)※28%

sayakahonma.hatenablog.com

 

Mobyのピアノ

Mobyメディテーション音楽がかなりいい。目を閉じてるとピアノの音が身体の中で響く。なんとも言えない気持ちよさで、今まで味わったことのない感覚。

3/13(土)
リサーチ;N案件
3/14(日)
リサーチ;N案件
3/15(月)
映画ニュース翻訳;リサーチ
3/16(火)
映画ニュース翻訳;リサーチ

Kindle読書「自転しながら公転する」山本文緒(著)※30%